食と栄養と健康

絶対に正しい健康食はない!

food-1075228_1280

世の中にはたくさんの健康法や健康的な食事法についての
情報が溢れていますね。
本当に健康が維持できる食事法とは一体どんなものでしょう?

バランスの良い和食
古代の雑穀食
地中海食
玄米菜食
マクロビオティック
ベジタリアン
フルータリアン
ローフード
酵素食
ロカボ・糖質制限・プロテインスタイル
ケトジェニックダイエット
カロリーリストリクション(カロリー制限)
ファスティング
不食



挙げればキリがありませんし、
それぞれの方法の中でも流派や提案者によって微妙に考え方が違い、
完全に同じではないですよね。
それぞれの方法で、本当に健康を維持している人もいれば、
逆に身体を壊す人もいます。
必要な栄養素は自然環境やライフスタイル、体質、腸内細菌の種類によって変わりますから、
自分に良い方法が必ずしも誰かに良い訳ではありません。

この次元の世界の中でつくりあげた人の思考の中に絶対的真理はありません。
全て極性のある相対世界の中の、それぞれのものさしを比較しているに過ぎません。

天動説が地動説に変わったように、
栄養学や医学の常識も、
新しい論文によって全く真逆のことが正しくなることが
しばしば起こります。

糖尿病についての食事療法を例にすると
少し前まではカロリー制限+バランス食が主流でしたが、
ここ数年、LancetやNEJMなどの主流の医学誌に糖質制限食の
エビデンスが軒並み発表され、
アメリカなどの糖尿病学会でも糖質制限が正式な糖尿病治療食として加わることになりました。
かと言って、血糖値にだけ注意を払い、
赤身の肉や加工肉ばかり食べていると、
今度はホルモン剤や抗生剤、添加物や腸内環境の悪化、
発がんリスクの増加が問題になります。

また、栄養素が同じでも、必ずしもその人にとって同じ働きをするとは限りません。
量子力学以降の物理学では、
この世界のあらゆる物質や非物質は全て素粒子で作られており、
素粒子は、粒子と波動の両方の側面を持っていることがわかっています。
思考や感情も波として周囲に影響を与えます。
そう考えると、例えば、
お母さんが愛情を込めて握ったおにぎりと誰かが怒りに任せて握ったおにぎり。
栄養学的には一緒だとしても、全く違う周波数を持っているでしょう。
なんでお母さんの塩おむすびはあんなに美味しいのか。
秘密はここにあるのかもしれません。

マインドの力も絶大です。
同じものを食べるにしても
「太る太る」と思いながら食べるか
「食べても食べてもスリムを維持している」と思いながら食べるかによって
結果として現実化する体型は全く違ったものになります。

ある観点から見ると正しくても
別の観点から見るとそれは正しくない

この世界のあらゆる物事は、
そのようなものだということを前提に考える必要があるのではないでしょうか。

健康食についても、

  • 人によって1000倍違うとされる栄養素の吸収力
  • 代謝の特質
  • 腸内環境
  • 遺伝的特質・遺伝子の発現
  • 意識レベル・潜在意識のイメージ
  • 自律神経のバランス
  • 病気の特質
  • 呼吸や微細エネルギーの状態
    などの違いによって、現れる結果は全く違ったものになると考えられます。

結論として、絶対的に正しい健康食はない!

もちろん、その方法が自分に合っており、自分の心も体もとてもいい状態に保つことができるなら、その方法を継続することは自分自身を助けてくれるでしょう。
でも、絶対にこうでなければ!とそれがあたかも「絶対的真理」かのように思い込んでしまうと、それが執着となり、自分自身も他人をも苦しめるようになることもあります。

絶対的真理はないのだから、
もっと楽ちんでいい。
もっと自由でいい。
欲望を駆り立てる食べ方をやめれば、本当に自分に合った食べ物は何か、自分の心と体が教えてくれます。
その前提を踏まえた上で、様々な観点や次元から、皆さんの健康に役に立つ毎日の食事や栄養のお話をさせて頂きたいと思います。
何かの方法を紹介しても、それは絶対ではありませんので、
その時々のご自分に必要、ご自分に合うと思えば参考になさって頂ければ幸いです。

ピックアップ記事

  1. コンテンツ一覧
  2. マタニティブルー・産後うつは、かくれ貧血!?

関連記事

  1. 腸内環境・常在菌・善玉菌

    腸内細菌がヒトの遺伝子を操作する

    腸内細菌は、ただの菌?では、ございません。ということは、ゲ…

  2. 女性と健康

    インフル・ノロも撃退!天然の抗生剤オリーブ葉

    2017年、あけましておめでとうございます!インフルエンザやノ…

  3. 食と栄養と健康

    薄い尿は要注意!現代人のビタミンB不足と不調

    実はすごかったビタミンB群ビタミンB群って…

  4. ライフスタイル・生活・暮らし

    夏バテは夏型栄養失調。

    コアラって、幸せね。夏の間、こんな風に寝ていられたら、どんなに…

  5. ライフスタイル・生活・暮らし

    その五月病、副腎疲労かも!?

    とにかく疲れる新年度、そのわけは?新年度は、新生活、新しい人間…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ライフスタイル・生活・暮らし

    隠れ脱水進行中!?冬に枯れない体の作り方
  2. ライフスタイル・生活・暮らし

    病気と争いの原因は一つ。
  3. 食と栄養と健康

    なぜ食・栄養が治療のメジャーになり得るのか?
  4. ライフスタイル・生活・暮らし

    紫外線防ぎ過ぎが妊娠力や子供に害:ビタミンD
  5. ごあいさつ

    はじめに
PAGE TOP