食と栄養と健康

誰しも現代型栄養失調のリスクがある

現代型栄養失調とは

yoga-429718_640

現代人は、過剰の陰に隠れて、大切な多くの栄養素が不足しており、
ほとんどの人が何気なく生活しているだけで「現代型栄養失調」に陥っています。
たとえ肥満であっても栄養失調ということもありえます。

不足しているのは、

  1. ビタミン類
    ビタミンA,カロテン
    ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンB12、葉酸など)
    ビタミンC
    ビタミンD
    ビタミンE(トコフェロール、トコトリエノール群)
  2. ミネラル類
    鉄(特に月経のある女性はほぼ全員が隠れ鉄欠乏)
    カルシウム
    マグネシウム
    亜鉛
    銅 他…
  3. ω3(n3)系多価不飽和脂肪
    EPA.DHA
    リノレン酸
  4. 食物繊維
    水溶性・非水溶性
    など…

これらが分子レベルで不足することで、
体の構造が上手く作れず、システムが上手く働かず、機能が発揮できなくなるので、

  • 細胞の脳である細胞膜の機能の低下
  • ホルモンや神経伝達物質の産生の低下
  • 抗酸化酵素や消化酵素の機能低下
  • 遺伝子の修復機能低下
  • エネルギー産生の低下
  • 卵子の老化
  • ミトコンドリアの質の低下
  • アレルギー反応の過剰
  • 抑うつやイライラなど精神的な異常・・・etc.
    並べれば枚挙にいとまがないほど、心身に様々な不調が起こり、
    それが進行すると病気になってしまいます。
    生活習慣病を悪化させるのも、栄養素の過剰だけでなく、不足が関係しています。

現代型栄養失調の原因

現代型栄養失調は、現代社会で何気なく生活しているだけで、誰にでも起こります。
なぜかというと、

  • 農作物の栄養不足(農法や流通の影響による栄養素減少)
  • 加工食品の増加(水煮野菜、高圧・高温処理などの過程での栄養低下)
  • ω6(n6)系脂肪酸を多く含む植物油の多用
    (いわゆるサラダ油・コーン油・大豆油・加工油脂など)
  • トランス脂肪酸を多く含む加工油脂の多用
    (ショートニングやマーガリン、加工油脂など)
  • 養殖魚の増加
    (餌に穀物系や大豆系の飼料を与えていると脂の中のω6系脂肪酸が増えDHA,EPAが減少)
  • ジャンクフード・加工食品・菓子などの多食
    (砂糖や加工油脂などを多用しカロリーは高いがビタミン・ミネラル・たんぱく質などが不足)
  • 精製食品の日常化
    (白米・精製小麦・白砂糖・精製塩はビタミン・ミネラルが減少)
  • 食品添加物(リン酸塩系)多食
    (食品中のミネラルを吸着し便中排泄してしまう)
  • ストレスの増加
    (ビタミンミネラルが大量消費)
  • カロリー制限を重視したダイエット
    (絶対的な食事量の減少で栄養素も不足)

など、当たり前でスーパーで購入できるもの、お店で注文できるものを当たり前に選択しているだけで、気付かずに現代型栄養失調に陥っているかもしれません。

これは現代社会の大きな課題ですが、なかなか全体のシステムの改革を行うのには時間がかかります。
ですから、消費者である私たちは、知識と知恵を持って、選択のための「判断基準」を持つ「賢い消費者」になることで身を助けることになります。
さらに消費者の選択が市場の動向を左右しますから、多くの人が選択することで市場の流通を変えられる可能性だってあります。
消費者は強いのです!

現代型栄養失調は一般的な医学では診断困難

一般的な医学では、
糖質の摂り過ぎによる糖尿病
脂質の摂り過ぎによる脂質異常症
塩分の摂り過ぎによる高血圧症
カロリーの摂り過ぎによる肥満
など・・・主に摂り過ぎにフォーカスします。
これは、もちろん現代病としての生活習慣病の大きな原因ですが、
問題の全体のごく一部にサーチライトを当てたに過ぎません。
もちろんビタミンAやビタミンB1の不足などによる病気も治療しますが、本質的な栄養失調の解釈に基づいたものではありません。

分子整合栄養療法の基本的な理論は、分子生物学・生化学の基本とも言えます。
実は、医学部生は全員が1年か2年の基礎医学の講座で、習っているはずです。
ですが、基礎の授業と実際の臨床とが結びつかないために、教科書で出てきた記号と実際の食事や栄養とを結びつけることが困難です。
一般的に病院で行う血液検査でも、ある程度の栄養素の不足は判断出来ますが、こちらもその視点での解析を教えられていないので、認識ができません。
そのため、多くの栄養学的失調が見逃され、多くの不調が「原因不明」「精神的なもの」と片付けられてしまうことになります。
分子整合栄養医学は、大変に専門的で、エビデンス重視の現代医学の先生方においてもその専門書を見れば、痒い所に手が届くように、謎が解けていくと思いますので、ぜひ日本の医学部でも必須授業にして頂きたいと思います。
そうすることで、現代医学と両輪をなす相補的な治療となり、より多くの患者さんを治療できる可能性が拡がると思います。

Presidentオンライン・東洋経済など
各メディアで話題の書籍
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


『日本人はなぜ臭いと言われるのか〜体臭と口臭の科学』(光文社新書)
「におい」は健康のバロメーター
原因と対策を一挙公開!

《本書の中の「驚愕の事実」》
◆日常的に口臭がある人ほど、自分の口臭を感じなくなる。
◆一番嫌われるのは汗臭。若い女性の100%が「許せない」。
◆加齢臭やミドル臭は、食生活やライフスタイルが原因。
◆ケアしない口の中には4千億以上の細菌。濃度は便以上。
◆歯周病菌は、糖尿病、動脈硬化、認知症やがんにも関連。
◆強すぎる香水や芳香剤は、もはや「香害テロ」認定。
【内容】
調査によれば、在日外国人の7割が「日本人の口臭にがっかりした経験」があるという。

35歳以上の日本人の8割が歯周病とのデータもある。
無臭社会日本、と言われるが、本当にそうなのか。
「自分は臭わない」「外国人に比べれば体臭は少ない」との思い込みは正しいのか?
「加齢臭」「ミドル臭」「スメハラ」などの言葉が流行する昨今、
「気にしすぎ」と一刀両断してよいのか。
医師の視点でみると、口臭や体臭は、健康のバロメーター。
体の「危機」を知らせるシグナルだ。
表面的ではない、真のにおい対策は、根本的な健康増進につながるのである。
本書では、予防医学を専門とする内科医が、
そもそもにおいとは何かにはじまり、におい物質と嗅覚や脳の関係、
また口臭や体臭の種類や原因となる疾病と対策について、わかりやすく解説する。

ピックアップ記事

  1. 口臭・体臭の対策一挙公開!においからのヘルスケア
  2. ホンマでっか!?TVのonAirは4月17日です
  3. テクノロジーによる人の意識の拡張

関連記事

  1. 常在細菌叢・マイクロバイオームの世界

    土と内臓〜微生物が元気ならサプリはいらない

    「うんこらしょっっと。」雑草だらけの畑にて、大小不…

  2. 常在細菌叢・マイクロバイオームの世界

    腸内細菌がヒトの遺伝子を操作する

    腸内細菌は、ただの菌?では、ございません。ということは、ゲ…

  3. 子どもの発育と健康

    貧相な食、孫世代の腸に祟る可能性

    「自分の体だから、自分の好き勝手したからって、文句言われたくない」…

  4. かくれ貧血・貧血

    マタニティブルー・産後うつの原因、かくれ貧血を疑って。

    マタニティブルーや産後うつ、自分のメンタルが弱いせいだと思っていま…

  5. 食と栄養と健康

    絶対に正しい健康食はない!

    世の中にはたくさんの健康法や健康的な食事法についての情報が溢れ…

  6. 生活習慣病の栄養と予防・治療

    生活習慣病は、体が崩壊に向かう慢性の病気

    体は常にスクラップ&ビルド世界が常にスクラップ&amp…

新著発売


PRESIDENT,東洋経済,日経ビジネスアソシエ他各メディアで話題沸騰。
日本人は、臭くないはず!?でも、意外な盲点が明らかに。35歳以上の8割に口臭リスクあり。
生活習慣で体臭も悪化する。悪臭に香害問題など、
においは、自分事を超えた社会事。
においからのヘルスケアで、心身ともに健康に。そして、社会も豊かに。

ニオイ解決WEB/ナゼクサ.com

  1. ライフスタイル5.0

    マイチョコ決定♡ヘルスコンシャスなチョコ情報
  2. 人間の解剖・世界の解剖

    現代医学はもはや古典科学なワケ
  3. 人間の解剖・世界の解剖

    「自分の歓び」最優先でいこう2019
  4. 人間の解剖・世界の解剖

    全ての人はロールプレイングゲームの主人公
  5. 女性の生き方

    年齢と戦う「アンチ・エイジング」から年齢と共に生きる時代へ
PAGE TOP