ライフスタイル・生活・暮らし

紫外線防ぎ過ぎが妊娠力や子供に害:ビタミンD

beach-1867421_640

紫外線は百害だけじゃなかった

「紫外線、百害あって一利なし」
私も10年前皮膚科にいた時代、これが常識だと思っていました。
確かに、紫外線は活性酸素を発生させ、細胞や遺伝子、コラーゲンなどにダメージを与えるので、肌老化に関連するのは確か。
でも、実は、紫外線B波UVBが女性や子供に不可欠だったと最近になって次々に明らかになり、常識が覆ってしまいました。

必死に守りすぎて、こんな感じになったり。

face-mask-sun-protection-hats-sunday-afternoons-adventure-hiking-anti-uv-dot-chapeu-panama-fishing-visors

赤ちゃんのバギーもこんな感じに覆ったり。

phil-and-ted-s-uv-mesh-double-sunshade

していませんか?
でも、これによって、自分自身の妊娠力免疫力骨密度が下がり、また子供の皮膚炎くる病などの原因になっているとしたら?

妊娠や赤ちゃんに不可欠なビタミンD

これには、日差しを浴びることで紫外線のB波(UVB)が当たり、人の体内で合成されるビタミンDが関係しています。
日本人には不足しているビタミンの1つ。

  • 日本人の妊婦でビタミンD欠乏が89.5%に認められたと言う臨床研究もあります
    (Bone miner metab. 2011.9:29(5):615-620)
    93名中85名がビタミンD欠乏(<20mg/dl)うち10名が重度の欠乏(<10ng/dl)

特に、最近女性たちは「絶対に日差しを浴びない!」と決意し、日焼け止めを塗り重ね、夏でも長袖を着ながら、必死に日差しを避けていますよね。
赤ちゃんも、昔は日光浴が体にいいとされ、日に当たっていましたが、最近は紫外線を避けるために赤ちゃんのうちから日焼け止めを塗り、外が見えないほどに覆われたバギーに乗っています。
これは、結構危険!

ビタミンDと妊娠力のホットトピックス

ビタミンDは特に妊娠力に関連した報告がたくさん寄せられています。

  • ビタミンDの濃度が子宮内膜の着床しやすい環境づくりに必要
    (Fertility and Sterility,12.23.2013)
    (Hum Reprod 2012;27:3015)
  • 40代においてビタミンDの濃度が低いほど卵子の減少が早い
    (Fertil Steril 2012;98:228)
  • 卵胞液中のビタミンD濃度が1ng/ml上昇すると妊娠率が6%上昇
    (Fertil Steril 2010;94:1314)
  • 体外受精において、ビタミンDの欠乏が着床率や妊娠率の低下に関連
    (The journal of clinical endocrinology and metabolism 8.14.2014)
    ビタミンDの濃度が正常な女性は不足群に比べて体外受精の妊娠率が上昇
    (Fertil Steril 2014;101(2),447-452)
  • 多嚢胞性卵巣の女性ではビタミンDの欠乏率が高く、ビタミンDの補充で排卵率が上昇する
    (clinical endocrinologo 2012;77:343)
  • ビタミンDの不足が初期流産のリスクを上昇させる
    (American journal of clinical nutrition 7.15.2015)

さらに、男性でも

  • ビタミンDの不足により精子の運動率・前進精子運動率・正常形態率が低下する
    (Hum. Reprod 2014;29(2),208-219

そして、生まれてくる子供にも

  • 妊娠中のビタミンD不足が小児の湿疹と関連
    (Pediatrics 2012;130:e1128-1135)
  • 小児のビタミンD欠乏予防に妊婦のビタミンD補充が有効
    安全な量:妊娠前(3000~5000IU),妊娠中(2000~4000IU)
    (clinical endocrinology 2015 10.1111)
  • 授乳中のビタミンD補給で乳児のビタミンD値が改善
    (EurekAlert 2016.8.31)

特に、ビタミンDは骨を作るのに不可欠
不足することで特に閉経後の女性の骨粗鬆症はもちろん。
最近は、小児のくる病が増加していることも問題になっています。

ビタミンDが不足することで、カルシウムの吸収が低下してしまい、体内のカルシウム濃度が低くなり、カルシウムが骨や歯を上手に作れなくなり、骨がもろくなったり変形したり、成長が遅れたりします。

いくら牛乳を取っても、ビタミンDが不足するとうまく吸収ができないのです。

また、その他のビタミンD不足に関連する症状として

  • 血糖値の異常
  • 動脈硬化
  • 皮膚の角化異常
  • 免疫力低下
  • 自閉症
  • うつ(特に季節性うつ)
  • 花粉症などのアレルギー症状

などが報告され、研究が進んでいます。
逆に、ビタミンDの補充の臨床応用で効果が期待されるものとして

  • 糖尿病
  • 花粉症や慢性蕁麻疹などのアレルギー疾患
  • 尋常性乾癬(皮膚の角化異常の疾患)
  • がん:細胞増殖の阻害
    がんのリスク低減(Am J Prev Med 2007;32:210-2016)
    がん死の低下(J Natl Cancer Inst 2007;99:1594-1602)
  • 骨粗鬆症・くる病
  • 感染症:免疫の賦活化(活性化)
    小・中学生で1200IUを4ヶ月摂取することでインフルエンザ発症率が42%減
    (American journal of clinical nutrition 2010;91:1255-1260)
  • うつ病(特に季節性うつ)・統合失調症・自閉症

などのたくさんの働きがわかっています。

ビタミンDを効果的に増やすライフスタイルや食生活、サプリメントの摂り方は?
「ビタミンD:安全で効果的な摂り方・増やし方」

血液検査を希望される方は、オーソモレキュラー療法を行っている全国のクリニックでどうぞ。
関西方面の方は、ご相談ください
ビタミンDだけも測定できます。

********
うちの夫を、1ヶ月で6キロ痩せさせた新著、ついに発売(笑)!
女性だって、年齢と共に口臭・体臭対策は必須。
におい対策すれば、痩せて健康になる!ついでに、若がえる!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

新著発売
『日本人はなぜ臭いと言われるのか
 〜体臭と口臭の科学〜』(光文社新書)


『日本人はなぜ臭いと言われるのか〜体臭と口臭の科学』(光文社新書)
「におい」は健康のバロメーター
原因と対策を一挙公開!

《本書の中の「驚愕の事実」》
◆日常的に口臭がある人ほど、自分の口臭を感じなくなる。
◆一番嫌われるのは汗臭。若い女性の100%が「許せない」。
◆加齢臭やミドル臭は、食生活やライフスタイルが原因。
◆ケアしない口の中には4千億以上の細菌。濃度は便以上。
◆歯周病菌は、糖尿病、動脈硬化、認知症やがんにも関連。
◆強すぎる香水や芳香剤は、もはや「香害テロ」認定。
【発売秘話】こっそり
我が家の夫は、私の言うことを全く聞かず、超不健康でメタボ化してました。
「健康」には興味ないくせに、口臭や体臭は気にしていました。
口を開くと、臭い!
脱いだ服から加齢臭プンプン!
私からすれば、口臭や体臭は、体の不健康の現れなのに。
それなら、口臭対策・体臭対策をすることで、
結果、痩せて、カッコ良く、ヘルシーな体になっちゃえば!?
ということで、夫にヒントをもらい、本書を書きました。
これまで、私のヘルスケアの本など全く見向きもしなかった夫。
貪り読みました。
これまで散々言ってきたことなのに「なんで、教えてくれなかったんだ!」と文句を言われました。
で、マインドが変わりました。
行動が変わりました。
アル中気味、卒業!
甘いもの中毒、卒業!
ぐ〜たら、卒業!
1ヶ月で、まさかのマイナス6Kg!
においのない汗をかくようになりました。
おっさん卒業!

女性だって、年齢とともに、口臭、体臭対策が必要ですよ。

【内容】
調査によれば、在日外国人の7割が「日本人の口臭にがっかりした経験」があるという。

35歳以上の日本人の8割が歯周病とのデータもある。
無臭社会日本、と言われるが、本当にそうなのか。
「自分は臭わない」「外国人に比べれば体臭は少ない」との思い込みは正しいのか?
「加齢臭」「ミドル臭」「スメハラ」などの言葉が流行する昨今、
「気にしすぎ」と一刀両断してよいのか。
医師の視点でみると、口臭や体臭は、健康のバロメーター。
体の「危機」を知らせるシグナルだ。
表面的ではない、真のにおい対策は、根本的な健康増進につながるのである。
本書では、予防医学を専門とする内科医が、
そもそもにおいとは何かにはじまり、におい物質と嗅覚や脳の関係、
また口臭や体臭の種類や原因となる疾病と対策について、わかりやすく解説する。
6月13日発売(6月1日予約開始)
『日本人はなぜ臭いと言われるのか〜体臭と口臭の科学』(光文社新書)

栄養療法医が使用
低価格・高品質なサプリメントシリーズ
体の原料は、質の高さで選ぶ主義。

 

ピックアップ記事

  1. コンテンツ一覧
  2. 口臭・体臭の対策一挙公開!においからのヘルスケア

関連記事

  1. ライフスタイル・生活・暮らし

    その五月病、副腎疲労かも!?

    とにかく疲れる新年度、そのわけは?新年度は、新生活、新しい人間…

  2. 生活習慣病の栄養と予防・治療

    太陽のビタミンとがんの関連

    日光浴によって体内に産生されることから、「太陽のビタミン」と呼ばれ…

  3. 食と栄養と健康

    絶対に正しい健康食はない!

    世の中にはたくさんの健康法や健康的な食事法についての情報が溢れ…

  4. 人間の解剖・世界の解剖

    もっともっと食べたい病の治し方

    食べても食べても、もっと食べたい!お腹は確かに…

  5. かくれ貧血・貧血

    女性必見の効率的な鉄の摂り方

    鉄の種類と効率の違い前回、かくれ貧血、月経のある女性は全員注意…

  6. かくれ貧血・貧血

    マタニティブルー・産後うつの原因、かくれ貧血を疑って。

    マタニティブルーや産後うつ、自分のメンタルが弱いせいだと思っていま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新著発売


PRESIDENT,東洋経済,日経ビジネスアソシエ他各メディアで話題沸騰。
日本人は、臭くないはず!?でも、意外な盲点が明らかに。35歳以上の8割に口臭リスクあり。
生活習慣で体臭も悪化する。悪臭に香害問題など、
においは、自分事を超えた社会事。
においからのヘルスケアで、心身ともに健康に。そして、社会も豊かに。

ニオイ解決WEB/ナゼクサ.com

  1. ライフスタイル・生活・暮らし

    密閉された都市の息苦しさと自然への回帰
  2. ライフスタイル・生活・暮らし

    収納でうっとり幸せにワタシを知る
  3. かくれ貧血・貧血

    マタニティブルー・産後うつの原因、かくれ貧血を疑って。
  4. 体臭

    『日本人はなぜ臭いと言われるのか』掲載・取材、ありがとうございます。
  5. ごあいさつ

    自己紹介
PAGE TOP