ライフスタイル・生活・暮らし

病気と争いの原因は一つ。

boy-2027675_640
あなたの抱える病気の悩み
あなたの抱える人間関係の悩み・争い
そして、世界で起きている国同士の戦争

それらが解決すれば、この世の中のほとんどの問題は解決すると言っても過言ではないですね。

職場のストレスの原因も、トップは、人間関係です。
夫婦や恋人同士の関係性友人同士の関係性も然り。
ニュースでは、連日のテロやミサイル発射。
どうして、人と人、国と国とはこんなにも争うのでしょうか?

それらと、病気の原因が、同じ?
というのは、ちょっと考え難い?

でも、それらの根源的な原因は、たった1つの人間が抱える思い込みの病にあります。

たった1つの原因

全ては、個性です。
個性という名の固定観念思い込み価値観
これらが病気を生み、争いを生む原因です。
これが分かれば、争いはなくなり、病気も解けていきます。

自分のこそが正しいという思い込み。

全ての争いは、

  • 個性vs個性
  • 固定観念vs固定観念
  • 思い込みvs思い込み
  • 価値観vs価値観
    の対立構造です。

みんな潜在的に、自分こそが正しい!と思い込んでいます。
絶対的に正しい自分のものさし。
そのものさしの外にあるものは、間違っている。
でも、それは絶対的ではありません。

夫婦の離婚原因の一番は、価値観の相違
当然です。
好きな時は、ものさしの被っているところしか見えないから、「好き!」となりますが、
ちょっとものさしのずれたところに気がついて、違いがわかると、全力でそれを「正そう」とする。
でも、それは相手にとっては正される必要はない「正しい」ものなので、全力で反発します。
それを繰り返すともうものさしのズレたところしか見えなくなって、「価値観が違うから」と離婚する訳です。
でも、そもそもズレているんですから。

ものさしの作られ方

the-ruler-1970660_640

生まれた時は、みんな無限の可能性を持った万能細胞です
(前世的な記憶や先天的な疾患は別として)
Who am I?無限の可能性を開く魔法の言葉」でもお話ししました。

人は環境の中にあるあらゆる情報を五感を使って食べて(インプットして)、心のものさしを作っていきます。

  • 生まれた時代背景の違い
  • 社会背景の違い
  • 家庭環境の違い
  • 学校環境の違い
  • 教育の違い
  • 人間関係・友人関係・恋愛関係の違い
  • 情報源の違い(本・メディア・インターネット・SNSなど)

それらを食べて、体質ならぬ、心質が作られます。
生まれた瞬間から、万人が万人違うものを食べているので、一人として同じ人はいません。
同じ親から生まれた兄弟だって、
「お兄ちゃんだから、、」という言葉をしょっちゅう食べていた長男とそうではない次男は違います。

みんな違って当然です。
全員が、偏っています。
だからこそ、個性が生まれるので、この多様な世界を楽しむために、これは必要なメカニズムです。
けれども、自分の考えに固定してしまうと、固定観念・思い込みになり、
それが「絶対正しい」と主張し始めると争いの原因になります。

ものさしが病気の原因になる

love-903178_640

では、このものさしからどのように病気が生まれるのか?
先天性の病気や小児期の病気は個人のものさしの問題ではない場合がほとんどなので除外します。
人が成人になってから経験する病気についてです。

病気の原因として生活習慣病であれば、習慣=繰り返す行動パターンが原因です。
行動の原因は、思考
思考の原因が人それぞれの心のものさしです。
習慣も心のものさしから生まれれます。

例えば、私自身は知識として自分自身の体に必要な食べ物を知っています。
だから、スーパーやレストランでは「体にいいものを選択しよう」と考え、習慣的に食べることになります。
でも、それを知らなければ、「好きなものを食べたい」と考え、習慣的に好きなものばかりを食べることになるでしょう。
私が好きなあんこ系の和菓子やパンばかり食べていたら、私は遺伝的に糖尿病まっしぐらですし、グルテンの摂りすぎでリーキーガット症候群になり、アレルギー体質になることと思います。

行動の原因にはもう一つ、感情があります。
感情を作るのも、心のものさしです。

例えば、「美人ね!」と言われて、
単純に「嬉しい!」と思い喜びの感情が湧く人。
逆に「バカにされてる!」と思い怒りの感情が湧く人。
心のものさしに違いがあります。
この場合、外見の美人度にはあまり関係ありません。
親が「あなたは本当に美しわね。」と言いながら育てたか、
「もう、あんたって本当に不細工でかわいそうね。」という言葉を投げかけたかの幼少期の経験が大いに関係します。

感情神経系を通して、内分泌や神経伝達、血流などに影響を与え、体に影響を与えます。
感じグセとして繰り返し湧く感情のパターンは、繰り返し同じ部分に影響を与え、それが繰り返されるとその部分に病気を結晶化させます。

例えば、将来のことや仕事のことなど色々なことで不安を感じやすい人は、太陽神経叢を通して、胃や膵臓などの消化器系の血流が低下して、胃潰瘍や機能低下を起こしやすくなります。

また、淋しさや悲しみの感情は、胸部の神経叢を通して、呼吸器や心臓に影響を与えます。
失恋のショックで、息ができない。胸が痛い。
という経験がない人、羨ましい。
子供の喘息発作も、何か愛情に不安を感じ淋しさを感じている時によく起こります。
心筋梗塞の発作も、何かの出来事が、過去の潜在的な悲しみを伴うトラウマ体験(特に愛情関係)に触れてしまった時に起こりやすくなります。

思考も感情は、このように人の病気を生む原因になっていますが、
それらは人それぞれの心のものさしを通じて生まれてくるものなので、根本的には心のものさしが原因になっています

どうすれば根本的な問題は解決するのか?

freedom-1886402_640

そもそも、人がこの二元性の世界に、人それぞれ違う肉体を持って暮らしている限り、心のものさしの違いは絶対に無くなりません。
むしろ、個性を生む源泉ですから、無くす必要はありません。

ただし、それが「絶対的」と思うから、争いが生まれます。
ですから、全員が違うということを認め、人と対峙する時にその人の背景をも想像する想像力を持って違いを理解し合い、認め合い、尊重し合うことができれば、争いはなくなります。
国同士の戦争も同じです。
自国が絶対的に正しい。自国の宗教が絶対的に正しい。という価値観のぶつかり合いがなくなれば、それぞれを尊重できます。

病気についても、自分自身の考えグセ・感じグセの根本にある心のものさし知ること、認めること、そして解放すること
解放は、なかなか自力では難しいかも知れませんが、まずは認知が第一歩です。
必ず病気の原因となる自分自身の凝り固まった部分が心のどこかにありますから、それをまずは見つけてみることです。
そうすれば、病気が神様から理不尽に与えられた不幸なギフトではなく自分自身の根本に気づくための貴重な材料に転換できる瞬間が訪れるはずです。

ピックアップ記事

  1. コンテンツ一覧
  2. 口臭・体臭の対策一挙公開!においからのヘルスケア

関連記事

  1. ライフスタイル・生活・暮らし

    紫外線防ぎ過ぎが妊娠力や子供に害:ビタミンD

    紫外線は百害だけじゃなかった「紫外線、百害あって一利なし」…

  2. 人間の解剖・世界の解剖

    破壊の女神よ、カモン!終わりは始まり。

    破壊的な出来事が起きたら、その時は結構きつい。精神的にも肉体的にも…

  3. ライフスタイル・生活・暮らし

    夏バテは夏型栄養失調。

    コアラって、幸せね。夏の間、こんな風に寝ていられたら、どんなに…

  4. ライフスタイル・生活・暮らし

    睡眠は究極のセラピー!松果体を調整する方法

    骨休めに行って帰ったら、リズムを崩して数日間動けませんでした。。。…

  5. ライフスタイル・生活・暮らし

    7年目の震災に寄せて

    東日本大震災から7年。多くの人たちの意識の中では、風化していないだ…

  6. ライフスタイル・生活・暮らし

    内覧会1日目は笑顔と共に終了

    「あまねクリニック」内覧会の1日目、たくさんの地域の皆様、そし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ライフスタイル・生活・暮らし

    夏バテは夏型栄養失調。
  2. 口臭

    口臭に注意!大腸がんの影に歯周病菌の存在。
  3. ライフスタイル・生活・暮らし

    Who am I?無限の可能性を開く魔法の言葉
  4. 生活習慣病の栄養と予防・治療

    太陽のビタミンとがんの関連
  5. 人間の解剖・世界の解剖

    たったこれだけ!万物のシンプルなしくみ
PAGE TOP