常在細菌叢・マイクロバイオームの世界

腸内細菌がヒトの遺伝子を操作する

dna-1903318_640

腸内細菌は、ただの菌?
では、ございません。
ということは、
ゲノム解析が可能になって、その力が次々に明らかになっていますが、なんとヒトの遺伝子操作まで?
そうなんです。
私たちの体の平和と秩序を保つための免疫細胞の働き。
正常で適正な免疫反応にとって、超重要な遺伝子のスイッチを操作するということが明らかになっています。
そして、それには日々の食事から摂取する食物繊維も大変重要ということも。
アレルギーや自己免疫疾患、腸の炎症性疾患などの解決の糸口になるかもしれません。

体の平和は、免疫細胞Tregによって保たれている。

war-2930486_640

免疫といえば、体を外敵から守る働きで「戦士」のイメージがあるかもしれませんが、暴れるばかりが能じゃありません。
戦士ばかりでは、外界と接している人の体は常に戦争状態。
そうなってしまっているのが、常に炎症を起こしている重症のアレルギーや炎症性疾患の人の体の状態とも言えます。
ですが、正常な状態ではそうではありませんね。
これだけ外界にさらされながらも、静かな状態を維持しています。
それが、戦士を落ち着かせ、平和と秩序を守る平和維持部隊「制御性T細胞=Treg(Tレグ)」の役割。
戦士たちの過剰なアレルギー反応・免疫反応を抑制します。
彼らは、戦士たちの燃えたぎる戦いの魂を必要な時に落ち着かせます。

戦士たちは、外敵を必要なときに攻撃しながらも、十分にやっつけた後は、落ち着きます。
そうでなければ、罪のない人たち(正常な細胞)までをも戦火で焼いてしまいます。
また、外界からの訪問者に対しても、食物などの安全な外来抗原に対しては攻撃せず、味方として受け入れることができます。
この自分にとって必要なものは攻撃しない働きを「免疫寛容」といいます。
Tregの寛容さがあってこそ、私たちの体は平和でいられるのです。
彼らがいないと、安全なはずの食物などの外来抗原や、自分自身の体の部分までをも攻撃し、アレルギーや自己免疫疾患を引き起こすことになってしまいます。
Tregは、血気盛んな戦士たちを束ねる指導者のようです。

腸内細菌は、未熟者を指導者に成長させる

指導者である賢いTregも、元々は未熟な免疫細胞から成長したものです。
未熟な免疫細胞(未熟なT細胞)にある遺伝子のスイッチを押し、指導者Tregに成長させる為の大役を果たしているのが、なんと腸内細菌であり、食物繊維であるということが明らかになりました。
単なる菌。
単なる草。(男性ってよく、野菜を草っていいますね。)
なんて、バカにしないでいただける?って怒られてしまうかも。

理化学研究所・東京大学・慶應義塾大学先端科学研究所の共同研究によると、
酪酸産生菌に分類される主要な腸内細菌のグループが食物繊維から産生した酪酸が、体内に取り込まれて未熟な免疫細胞に作用し、Tregの分化誘導に重要なFoxp3遺伝子の発現を高め、Tregへの分化(成長)を促進している事が明らかになりました。

遺伝子自体は、不変のものですが、くっつけている「飾り」によって、その振る舞いが変化します。
これが以前にもお話した遺伝子の振る舞いを後天的に変えることができる「エピジェネティックスな変化」です。

  • 食事中の水溶性食物繊維が、腸内の酪酸産生菌によって酪酸に変化する。
  • 酪酸が、未熟な免疫細胞(未熟なT細胞)の遺伝子のヒストン脱アセチル化を促進することで、エピジェネティックスな変化が起こる。
  • Foxp3遺伝子の発現がONになる。
  • Tregへの分化が誘導される。

先天的に持っている遺伝子の振る舞いを、食事の内容によって後天的に変えられるということです。
酪酸菌は、クロストリジウム目に属し、誰もが持っている腸内のメジャーなグループです。
ですが、エサになる食物繊維が十分にこない状況では、ひもじくなって勢いが弱ってしまいます。
野菜や海藻、食べなきゃまずい!
元気にするには、エサを与えなければなりません。
だから、食生活が健康にとって重要なのですね。
vegetables-landscape-2943500_640

クローン病や潰瘍性大腸炎のような自己免疫性の炎症性腸疾患の患者では、腸内の酪酸産生菌が少ないことが分かっています。

酪酸産生菌は処方も可能なので、
私の場合、アレルギー反応が過剰な患者さんや腸内フローラ検査で酪酸産生菌が少ない患者さんには、プロバイオティクスとして酪酸産生菌を処方しています。
同時に、その餌になる水溶性食物繊維、そしてオリゴ糖を摂取するように食事指導しています。
食養生は古典的な方法ですが、研究の進歩によって古の知恵に回帰する時代ですね。

腸内フローラ検査:MykinsoPro
酪酸菌の保有率や種類の特定も可能。
MykinsoProでは、自分の腸のタイプや保有する菌全てが解析できます。

 

自宅でできる!
腸内フローラキット:MykinsoPro:医療用

ピックアップ記事

  1. 口臭・体臭の対策一挙公開!においからのヘルスケア

関連記事

  1. 食と栄養と健康

    お知らせ:食育大学2期募集

    「食べることは生きること」愛情溢れる食卓が健全な人間の育成…

  2. 食と栄養と健康

    かくれ貧血:朝日放送キャストにて

    7月11日(火)朝日放送ABC「キャスト」後半18時〜の「調べ…

  3. 女性と健康

    逃げ恥に学ぶ!男性不妊・性欲減退を克服する法

    女性の肉食化と男性の草食化が進行し、ついには絶食系男子が増え続ける…

  4. 口臭

    口臭に注意!大腸がんの影に歯周病菌の存在。

    日本人は、外国人から口が臭い国民と思われていることをご存知ですか!…

  5. 食と栄養と健康

    なぜ食・栄養が治療のメジャーになり得るのか?

    We are what we eat.一般的な医療では、栄養は…

  6. 生活習慣病の栄養と予防・治療

    え!?寝酒でむしろ不眠が悪化する?

    酒豪であってもお酒は睡眠の質を低下させるワタクシ、何を隠そう、…

新著発売


PRESIDENT,東洋経済,日経ビジネスアソシエ他各メディアで話題沸騰。
日本人は、臭くないはず!?でも、意外な盲点が明らかに。35歳以上の8割に口臭リスクあり。
生活習慣で体臭も悪化する。悪臭に香害問題など、
においは、自分事を超えた社会事。
においからのヘルスケアで、心身ともに健康に。そして、社会も豊かに。

ニオイ解決WEB/ナゼクサ.com

  1. 口臭

    口臭対策:我が家のテッパン歯周病ケア2つ
  2. 食と栄養と健康

    ヘルシー・スナッキング~間食で健康のすゝめ
  3. ごあいさつ

    はじめに
  4. ライフスタイル5.0

    マイチョコ決定♡ヘルスコンシャスなチョコ情報
  5. 人間の解剖・世界の解剖

    現代医学はもはや古典科学なワケ
PAGE TOP