常在細菌叢・マイクロバイオームの世界

花粉症バイバイ!今日からコレ始めよう①腸活

allergy-18656_640

暖かくなると、そろそろ辛いのが花粉症。
今年の花粉症飛散予測では、前シーズンより多い地域が目立っています。
Print

「花粉症は、1回なったら治らない!」と諦めていませんか?
ライフスタイルの改善で、症状を軽くし、日常生活を楽に過ごすことができます。
今年こそ、花粉症にバイバイしましょう。

やるべきことの基本その①は、腸活

アレルギーは、免疫エラーの病気

腸活なんて、と侮れません。
腸内細菌は、遺伝子にまで作用して、ヒトの免疫に影響を与えています。
「腸内細菌がヒトの遺伝子を操作する」参照)
腸内細菌は、免疫細胞とセットです。
免疫細胞の8割は、腸の周りに存在します。
食べ物という外の世界の異物と病原菌を含むたくさんの細菌が渾然一体となった腸の中。
それは、人体にとって、外の世界の敵と接する戦争の最前線みたいなもの。
異物や病原菌から体を守るために、戦士である免疫細胞が集まるのは当然と言えます。

その免疫細胞の重要な働きは何かというと、
人体にとって危険な「攻撃すべきもの」と安全な「攻撃すべきでないもの」を識別します。
花粉なんていう安全なものを間違って攻撃してしまうのが「花粉症」です。
つまり、免疫の働きのエラーですね。
免疫細胞たちがエラーを起こさないように教育する教育者としての免疫細胞がいます。
それが、「抑制性T細胞」=Tレグです。
Tレグが、攻撃部隊である免疫細胞たちに「花粉は攻撃すべきでない」ということを教育すれば、アレルギーは起こりません。
教育が上手くできないから、血気盛んな攻撃部隊が暴れて、花粉という刺激で炎症という戦争を起こすのが、「花粉症」です。

このTレグを教育者に育て上げるのが、腸内細菌の一種である酪酸菌の役割です。
花粉症の対処法としては、酪酸菌を腸内にたくさん飼い、Tレグを育てる必要があります。

花粉症を抑制する賢い免疫細胞を育てる食生活

酪酸菌は、誰の腸内にもいる日和見菌です。
食生活が良ければ、たくさんいるはずなのですが、
食生活が悪化すると、勢力を失っている可能性があります。
どんな食生活が悪いかというと、要するに、野菜不足の場合です。
基本ですね!
酪酸菌にエサを与えて、せっせと育てましょう。
酪酸菌のエサといえば?

  1. 水溶性食物繊維:野菜・海藻類・果物・こんにゃくなどに含まれる
  2. 難消化性オリゴ糖

水溶性食物繊維を酪酸菌が食べると、代謝物として酪酸が生まれます。
この酪酸が、すごい!
酪酸は、免疫細胞の遺伝子に変化を起こし、教育者であるTレグへと成長させるスイッチになります。
なんと、食物繊維が、遺伝子に影響を与えるんです!
たかが食物繊維、されど食物繊維ですね。
だから、野菜・海藻類・果物・こんにゃくなどは、毎日大量に食べなければなりません。

難消化性オリゴ糖とは、オリゴ糖の中でも小腸で消化されず、大腸まで届くオリゴ糖です。
大腸の善玉菌のエサになるためには、小腸で消化されずに届く必要があります。
難消化性オリゴ糖は、

  • ラフィノース
  • 乳果オリゴ糖
  • フラクトオリゴ糖
  • ガラクトオリゴ糖
  • キシロオリゴ糖

一方、小腸で消化されてしまうものは、

  • イソマルトオリゴ糖

イソマルトオリゴ糖は、安価に製造できるので安いのが特徴ですが、効果が劣るので、注意しましょう。
オリゴ糖製品は、必ず、裏の表示を見て、どのタイプのオリゴ糖かチェックしてください。
また、オリゴ糖製品であっても、裏の表示をみると「果糖液糖」「ショ糖」「人工甘味料」などを含んでいるものもあります。
必ず、裏の原材料表示を見て、100%のものを選ぶようにしましょう。

まずは、腸活、今日から始めましょう!
腸内フローラ検査MykinsoProでは、自身の酪酸菌の種類や割合を調べることができます。
さて、次にやることは?「○活」

********
口臭・体臭対策にも、腸活・バクテリアセラピーは重要。
Presidentオンラインや東洋経済他
各メディアにて話題の書籍
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
『日本人はなぜ臭いと言われるのか
 〜体臭と口臭の科学〜』(光文社新書)


「におい」は健康のバロメーター
原因と対策を一挙公開!

《本書の中の「驚愕の事実」》
◆日常的に口臭がある人ほど、自分の口臭を感じなくなる。
◆一番嫌われるのは汗臭。若い女性の100%が「許せない」。
◆加齢臭やミドル臭は、食生活やライフスタイルが原因。
◆ケアしない口の中には4千億以上の細菌。濃度は便以上。
◆歯周病菌は、糖尿病、動脈硬化、認知症やがんにも関連。
◆強すぎる香水や芳香剤は、もはや「香害テロ」認定。
【内容】
調査によれば、在日外国人の7割が「日本人の口臭にがっかりした経験」があるという。

35歳以上の日本人の8割が歯周病とのデータもある。
無臭社会日本、と言われるが、本当にそうなのか。
「自分は臭わない」「外国人に比べれば体臭は少ない」との思い込みは正しいのか?
「加齢臭」「ミドル臭」「スメハラ」などの言葉が流行する昨今、
「気にしすぎ」と一刀両断してよいのか。
医師の視点でみると、口臭や体臭は、健康のバロメーター。
体の「危機」を知らせるシグナルだ。
表面的ではない、真のにおい対策は、根本的な健康増進につながるのである。
本書では、予防医学を専門とする内科医が、
そもそもにおいとは何かにはじまり、におい物質と嗅覚や脳の関係、
また口臭や体臭の種類や原因となる疾病と対策について、わかりやすく解説する。

『日本人はなぜ臭いと言われるのか〜体臭と口臭の科学』(光文社新書)


自宅でできる!
腸内フローラキット:MykinsoPro:医療用

ピックアップ記事

  1. 口臭・体臭の対策一挙公開!においからのヘルスケア

関連記事

  1. 常在細菌叢・マイクロバイオームの世界

    アトピーは腸から治す。基本の4Rとは?

    アトピー性皮膚炎を改善するために、皮膚だけにアプローチする時代は終…

  2. かくれ貧血・貧血

    マタニティブルー・産後うつの原因、かくれ貧血を疑って。

    マタニティブルーや産後うつ、自分のメンタルが弱いせいだと思っていま…

  3. 常在細菌叢・マイクロバイオームの世界

    腸内細菌がヒトの遺伝子を操作する

    腸内細菌は、ただの菌?では、ございません。ということは、ゲ…

  4. 食と栄養と健康

    夏バテは夏型栄養失調。

    コアラって、幸せね。夏の間、こんな風に寝ていられたら、どんなに…

  5. ライフスタイル5.0

    注目!私に嬉しいチョコのブランドとトレンド

    前回、「マイチョコ決定♡ヘルスコンシャスな…

  6. 女性と健康

    ビタミンD:安全で効果的な摂り方・増やし方

    ビタミンDは、大事です。「花粉症バイバイ!今日からコレ始めよう③ビ…

新著発売


PRESIDENT,東洋経済,日経ビジネスアソシエ他各メディアで話題沸騰。
日本人は、臭くないはず!?でも、意外な盲点が明らかに。35歳以上の8割に口臭リスクあり。
生活習慣で体臭も悪化する。悪臭に香害問題など、
においは、自分事を超えた社会事。
においからのヘルスケアで、心身ともに健康に。そして、社会も豊かに。

ニオイ解決WEB/ナゼクサ.com

  1. ライフスタイル5.0

    幸せの質で遺伝子の良し悪しが決まる
  2. 人間の解剖・世界の解剖

    人生をすいすいサーフィンするには
  3. ライフスタイル5.0

    収納でうっとり幸せにワタシを知る
  4. 嗅覚:fragrance medicine

    香水と悪臭のマリアージュ?:ラコゼお話会レポ
  5. ごあいさつ

    自己紹介
PAGE TOP