生活習慣病の栄養と予防・治療

花粉症バイバイ!今日からコレ始めよう③D活

vitaind

花粉症とオサラバする方法として、「腸活」「油活」は始めましたか?
今日は、「D活」です。
なんでもかんでも「活」つければいいってもんではありませんけども、流行りなのでつけときましょう。
免疫調整のためには、とにかくビタミンDが大事ということが昨今わかっています。
ビタミンDについては、「紫外線防ぎ過ぎが妊娠力や子供に害と判明」に詳しく書いていますので、ご参考に。

ビタミンDは多才、免疫に不可欠

ビタミンDは骨粗鬆症の治療薬としても処方されるので、「骨のビタミン」というイメージがあるかも知れませんが、それは多才なビタミンDの一つの能力を表現しているにすぎません。
ビタミンDは、全身の細胞に直接働きかけるステロイドホルモンの一種です。
細胞の中の核内の受容体に働きかけ、特定の遺伝子を活性化します。
そのため、細胞の分化に関わることで、がんに影響することもありますし、
免疫機能に関わることで、アレルギーに影響することもあります。

ビタミンDの細胞の核内の受容体は、免疫担当細胞であるリンパ球にも存在しています。
抗体を作るB細胞に対して、抗体産生に抑制的に働きます

花粉症のメカニズムとしては、粘膜にくっついた花粉のタンパク質成分・抗原をマクロファージという免疫細胞がキャッチして、リンパ球のうちのT細胞に、さらにT細胞からB細胞に情報が送られ、抗原に対する抗体が作られます。
そして、同じ形の花粉の抗原が来ると、それに反応してB細胞が抗体をたくさん分泌して、花粉症の症状が起こります。

その他の免疫細胞にも、ビタミンDの受容体があるので、ビタミンDは免疫系全体を調整する役割をしています。
ビタミンDが低下すると、免疫系がバランスを崩して、免疫が過剰になると花粉症などのアレルギーを、免疫が低下すると風邪などの感染症にかかりやすくなります。

全員ビタミンD不足と思うべし

私がこれまで測定した中で、ビタミンDが十分に足りている方はおられませんでした。
血液検査でビタミンD(25OHビタミンD3)を測定すると、ほとんどが20ng/ml未満という顕著なビタミンD欠乏でした。
皮膚でビタミンDを合成するには、紫外線の中のUVBが不可欠
でも、現代の女性のほとんどは、紫外線を気にして日焼け止めなどでがっちりガードしておられます。
「気にしてないわ。」という方でも、男性も含めて、ほとんどが屋内生活がメインで、ほとんど外に出ることがないライフスタイルでした。

ビタミンDの増やし方

ビタミンDを増やすには、ライフスタイルや食生活、サプリメントなどを効果的に活用していきましょう。
「ビタミンD:効果的で安全な摂り方・増やし方」

********
うちの夫を、1ヶ月で6キロ痩せさせた新著、ついに発売(笑)!
におい対策すれば、痩せて健康になる!ついでに、若がえる!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

新著発売
『日本人はなぜ臭いと言われるのか
 〜体臭と口臭の科学〜』(光文社新書)


『日本人はなぜ臭いと言われるのか〜体臭と口臭の科学』(光文社新書)
「におい」は健康のバロメーター
原因と対策を一挙公開!

《本書の中の「驚愕の事実」》
◆日常的に口臭がある人ほど、自分の口臭を感じなくなる。
◆一番嫌われるのは汗臭。若い女性の100%が「許せない」。
◆加齢臭やミドル臭は、食生活やライフスタイルが原因。
◆ケアしない口の中には4千億以上の細菌。濃度は便以上。
◆歯周病菌は、糖尿病、動脈硬化、認知症やがんにも関連。
◆強すぎる香水や芳香剤は、もはや「香害テロ」認定。
【発売秘話】こっそり
我が家の夫は、私の言うことを全く聞かず、超不健康でメタボ化してました。
「健康」には興味ないくせに、口臭や体臭は気にしていました。
口を開くと、臭い!
脱いだ服から加齢臭プンプン!
私からすれば、口臭や体臭は、体の不健康の現れなのに。
それなら、口臭対策・体臭対策をすることで、
結果、痩せて、カッコ良く、ヘルシーな体になっちゃえば!?
ということで、夫にヒントをもらい、本書を書きました。
これまで、私のヘルスケアの本など全く見向きもしなかった夫。
貪り読みました。
これまで散々言ってきたことなのに「なんで、教えてくれなかったんだ!」と文句を言われました。
で、マインドが変わりました。
行動が変わりました。
アル中気味、卒業!
甘いもの中毒、卒業!
ぐ〜たら、卒業!
便秘、卒業!

1ヶ月で、まさかのマイナス6Kg!
においのない汗をかき、トイレの匂いも改善しました。
おっさん卒業!

女性だって、年齢とともに、口臭、体臭対策が必要ですよ。

【内容】
調査によれば、在日外国人の7割が「日本人の口臭にがっかりした経験」があるという。

35歳以上の日本人の8割が歯周病とのデータもある。
無臭社会日本、と言われるが、本当にそうなのか。
「自分は臭わない」「外国人に比べれば体臭は少ない」との思い込みは正しいのか?
「加齢臭」「ミドル臭」「スメハラ」などの言葉が流行する昨今、
「気にしすぎ」と一刀両断してよいのか。
医師の視点でみると、口臭や体臭は、健康のバロメーター。
体の「危機」を知らせるシグナルだ。
表面的ではない、真のにおい対策は、根本的な健康増進につながるのである。
本書では、予防医学を専門とする内科医が、
そもそもにおいとは何かにはじまり、におい物質と嗅覚や脳の関係、
また口臭や体臭の種類や原因となる疾病と対策について、わかりやすく解説する。
6月13日発売
『日本人はなぜ臭いと言われるのか〜体臭と口臭の科学』(光文社新書)

栄養療法医が使用
低価格・高品質なサプリメントシリーズ
体の原料は、質の高さで選ぶ主義。

自宅でできる!
腸内フローラキット:MykinsoPro:医療用

ピックアップ記事

  1. 口臭・体臭の対策一挙公開!においからのヘルスケア
  2. コンテンツ一覧

関連記事

  1. 食と栄養と健康

    薄い尿は要注意!現代人のビタミンB不足と不調

    実はすごかったビタミンB群ビタミンB群っていう…

  2. ライフスタイル・生活・暮らし

    ヘルシー・スナッキング~間食で健康のすゝめ

    「間食」って響きは、罪悪感がありますよね。「どうしてもやめられ…

  3. 女性と健康

    ビタミンD:安全で効果的な摂り方・増やし方

    ビタミンDは、大事です。「花粉症バイバイ!今日からコレ始めよう③ビ…

  4. 食と栄養と健康

    お知らせ:食育大学2期募集

    「食べることは生きること」愛情溢れる食卓が健全な人間の育成…

  5. 食と栄養と健康

    分子整合栄養医学の血液検査の読み方

    一般検査と栄養学的な検査は解析方法が違う健康診断や病院の一般検…

  6. 食と栄養と健康

    絶対に正しい健康食はない!

    世の中にはたくさんの健康法や健康的な食事法についての情報が溢れ…

  1. 食と栄養と健康

    脳の栄養失調が不眠やメンタル不調の原因に
  2. 人間の解剖・世界の解剖

    たったこれだけ!万物のシンプルなしくみ
  3. ごあいさつ

    かくれ貧血検査、こちらで引き継ぎます
  4. ライフスタイル・生活・暮らし

    紫外線防ぎ過ぎが妊娠力や子供に害:ビタミンD
  5. 食と栄養と健康

    お知らせ:食育大学2期募集
PAGE TOP