子どもの発育と健康

貧相な食、孫世代の腸に祟る可能性

picture-416614_640

「自分の体だから、自分の好き勝手したからって、文句言われたくない」
とは、不摂生している患者さんからよく聞くセリフ。
しかし!
science online版「your poor diet might hurt your grandchildren’s gut.」によると、自分の食事は、自分の体に祟るだけではなく、孫にも祟る可能性が。
まだ、自分の勝手と言いきれますか?

戦後の食事は、腸に重要なアレが決定的に不足している

戦後生まれの60〜70代も孫を持つ世代になっているでしょう。
今でこそ、ヘルシー志向が高まってきていますが、
戦後は、日本中をアメリカ型のファスト&ジャンクな食事が席巻し、
伝統食である雑穀・米、野菜・海藻、豆、発酵食品よりもパン、肉、油、スイーツ。
こういった食事に決定的に不足しているものは、そう。
腸内細菌の餌である食物繊維です。
食物繊維を餌にする腸内の常在細菌にとって、兵糧攻めのような状態になり、その種類が弱り、繁殖できなくなります。
すると、健康にとって不可欠な菌の多様性(多数の種類の菌が混ざり合いひしめき合う状態)が失われ、腸の疾患免疫疾患生活習慣病などの全身の病気、肥満につながってしまいます。
常在菌は、ジャングルのように多様性=ダイバーシティが保たれているのが重要です。
この辺りは、過去の記事「腸内細菌がヒトの遺伝子に作用する」もご参考に。

低食物繊維食のせいで、多様性が失われてしまった現代人の腸内細菌。
scienceの報告では、世代を追うごとに、さらに多様性が激減する可能性を示しています。

ひ孫世代の微生物多様性4分の1にまで激減

スタンフォード大学の微生物学者Erica Sonnenburg博士らは、複数世代のマウスに低食物繊維食を与えて腸内細菌を研究しました。
低食物繊維食(対象より30%食物繊維が少ない)しか与えられなかった群は、腸内細菌の多様性が激減。
ついで、その後の世代も低食物繊維食を与えて育てたところ、第4世代(ひ孫世代)では、第1世代のたった4分の1の多様性しか備えていないことがわかりました。
回復させるには、ひ孫世代に高食物繊維食を与えるだけではダメで、多様性のある腸内細菌を持つ糞便を移植までする必要があったそうです。

人間の生態系は、実験マウスよりもっと複雑なので、この研究をそのまま人間に置き換えることはできません。
ただし、ヒトは、6歳くらいまでに主に両親や環境からもらう微生物を自分の腸内や皮膚表面に定着させます
その両親もそのまた両親から微生物をもらうという風に世代に受け継がれていきます

殺菌し過ぎNG.微生物学者はあえて不潔なペットを飼う

laboratory-268551_640
さらに、生涯の食生活の傾向も、幼少期の家庭の食生活に大きく影響されます。
子供の頃、栄養バランスのとれた家庭料理を食べて育ったか、ジャンクフードを食べて育ったかによって、大人になってからの食傾向も違ってしまいます
もちろん、社会的な影響も受けますが、常在菌も食傾向も、世代に確実に受け継がれていきます
さらには、最近の環境の殺菌消毒し過ぎもいけません。
赤ちゃんが何もかも口に入れるのは、環境の常在菌を体内に取り込んで多様性を培っているのです。
それなのに、環境が清潔すぎると、腸内にジャングルが育ちません。
さらに、抗生剤の無駄な使用によって、腸内細菌は致命的なダメージを受けます。
環境が清潔になるほど、アレルギー疾患が増えることは、衛生仮説と言い、先進国の問題になっています。
ヒトマイクロバイオームプロジェクトにも関わる常在細菌研究者は、あえて環境に多様な菌を住まわせるために、ヒトよりも多様な菌を持つペットを飼っています。
自分の肛門を舐めたり、外に行ってはそこらじゅうを舐め回すペットは、微生物のデパートのようなもの。
「子供の健康のためさ」というのが、彼らがペットを買う理由。

自分の食生活は、決して自分のためだけではありません。
可愛い孫やひ孫・・・末代の繁栄のために、自分を変える価値はありますね。

腸内フローラ検査:MykinsoPro
腸内フローラは、子から孫へと受け継がれます。
MykinsoProでは、自分の腸のタイプや保有する菌全てが解析できます。

********
腸内環境の悪化は、体臭や口臭に現れる。
Presidentオンラインや東洋経済他、
ビジネス系メディアにて話題の書籍
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


『日本人はなぜ臭いと言われるのか〜体臭と口臭の科学』(光文社新書)
「におい」は健康のバロメーター
原因と対策を一挙公開!

《本書の中の「驚愕の事実」》
◆日常的に口臭がある人ほど、自分の口臭を感じなくなる。
◆一番嫌われるのは汗臭。若い女性の100%が「許せない」。
◆加齢臭やミドル臭は、食生活やライフスタイルが原因。
◆ケアしない口の中には4千億以上の細菌。濃度は便以上。
◆歯周病菌は、糖尿病、動脈硬化、認知症やがんにも関連。
◆強すぎる香水や芳香剤は、もはや「香害テロ」認定。
【内容】
調査によれば、在日外国人の7割が「日本人の口臭にがっかりした経験」があるという。

35歳以上の日本人の8割が歯周病とのデータもある。
無臭社会日本、と言われるが、本当にそうなのか。
「自分は臭わない」「外国人に比べれば体臭は少ない」との思い込みは正しいのか?
「加齢臭」「ミドル臭」「スメハラ」などの言葉が流行する昨今、
「気にしすぎ」と一刀両断してよいのか。
医師の視点でみると、口臭や体臭は、健康のバロメーター。
体の「危機」を知らせるシグナルだ。
表面的ではない、真のにおい対策は、根本的な健康増進につながるのである。
本書では、予防医学を専門とする内科医が、
そもそもにおいとは何かにはじまり、におい物質と嗅覚や脳の関係、
また口臭や体臭の種類や原因となる疾病と対策について、わかりやすく解説する。
6月13日発売
『日本人はなぜ臭いと言われるのか〜体臭と口臭の科学』(光文社新書)

自宅でできる!
腸内フローラキット:MykinsoPro:医療用

ピックアップ記事

  1. 人類の意識の拡張、進化〜Neoの覚醒
  2. 口臭・体臭の対策一挙公開!においからのヘルスケア
  3. ホンマでっか!?TVのonAirは4月17日です

関連記事

  1. ライフスタイル5.0

    たったの4分!? 医師が勧める、外出自粛時の最適エクササイズとは【WELLMETHOD】

    皆さま、こんにちは。医師で予防医療のスペシャリスト・桐村里紗で…

  2. 食と栄養と健康

    分子整合栄養医学の血液検査の読み方

    一般検査と栄養学的な検査は解析方法が違う健康診断や病院の一般検…

  3. 意識と健康

    体に良い食事が不健康に?オルトレキシアって?

    健康志向な人、意識の高い人が陥りがちな、罠があります。「絶対に…

  4. 食と栄養と健康

    夏バテは夏型栄養失調。

    コアラって、幸せね。夏の間、こんな風に寝ていられたら、どんなに…

  5. 食と栄養と健康

    なぜ食・栄養が治療のメジャーになり得るのか?

    We are what we eat.一般的な医療では、栄養は…

新著発売


PRESIDENT,東洋経済,日経ビジネスアソシエ他各メディアで話題沸騰。
日本人は、臭くないはず!?でも、意外な盲点が明らかに。35歳以上の8割に口臭リスクあり。
生活習慣で体臭も悪化する。悪臭に香害問題など、
においは、自分事を超えた社会事。
においからのヘルスケアで、心身ともに健康に。そして、社会も豊かに。

  1. ライフスタイル5.0

    クレオパトラでデトックス〜腸から血液をキレイに@ハワイ
  2. 人間の解剖・世界の解剖

    万物を貫くシステムは究極にシンプルで美しい
  3. ライフスタイル5.0

    米国セレブ愛飲の美容発酵飲料「コンブチャ」の止まらぬ進化と飲むべき理由【WELL…
  4. 未来医療・最新医療トピックス

    人生100年時代:抗加齢医学会総会:100歳に幸せでいられるか
  5. 食と栄養と健康

    脳の栄養失調が不眠やメンタル不調の原因に
PAGE TOP