未来医療・最新医療トピックス

人生100年時代:抗加齢医学会総会:100歳に幸せでいられるか

抗加齢医学会総会2018(アンチエイジング学会)

今年は、近畿大学医学部主催で大阪で開催です。
常々、思うのですが、
抗加齢=Anti-Aging=アンチエイジングですが、時代的にAnti-(抗)は、もう古いのではないでしょうか。
Syn-(共に-)の時代です。
Syn-Aging=シン・エイジングと名前変更はいかがかと思います。
しかし、内容は、Syn-Agingとも言えるトピックスです。

特に、今回重要なキーワードになっているのが、人生100年時代
医学の学会で、これを多角的に考えるのはとても重要と思います。
だって、100歳まで生きたとして、心も金銭的にも貧しくて、孤独な100歳だったら!
これ、しっかり自分の人生を考えていかないと、大変なことになります。

  • 人生100年ライフイノベーション時代:100歳時代の幸せとは?

    再生医療などの発展で、100歳まで生きられるようになったとして、経済基盤はどうなる!?
    残念ながら、現在の社会システムは、超長寿社会に対応できていない。
    年金システム、就労、介護問題、人生全体の設計はどうなる?
    貧困で苦しむ100歳は、寿!めでたい!と手放しに喜べないですね。
    しかも、認知機能が低下するから、行動経済学的にも、高齢化すると人は行動経済学的にも適切な意思決定ができなくなる傾向のようです。
    2025年には、100歳以上人口は13万3000人の予測ですが、
    2065年には、54万7000人の予測とのこと。
    右肩上がりの100歳コミュニティ!
人生100年時代の健康への提言としては、
  1. 健康的な自立
  2. 早い年齢から健康づくりに取り組み、病気を予防すること
  3. 「体」と「心」の健康づくり・心身の健康関連市場の可能性
  4. 「健康」でなくても暮らしやすい社会環境整備

などが挙げられました。
しかし、医学だけが発展して、100歳時代を達成したとして、トータルな幸福がなければ意味がないですね。

ここでもう一度見直したいのは、WHOの健康の憲章です。
あえて、1999年の改正案を振り返りますと、

Health is a dynamic state of complete physical, mental, spiritual and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.
健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、社会的にも、そして霊的にも、すべてが 満たされた動的な状態にあることをいいます。

これを、あらゆる専門を超えたメタ的な観点から考えていかなければならないですね。

人生100年時代に読むべき書籍

ここで、注目したいのは、先日ハッピーな婚約&出版記念パーティーをされた猪瀬直樹さんと蜷川有紀さん
婚約記念で出版された『ここから始まる 人生100年時代の男と女』(集英社)

カップルは、128歳!
ラブラブで素敵ですね。

こちらの本を手がけられた出版プロデューサーの久本勢津子さんには、これまで3冊の著書を手がけていただいており、来月発売の『日本人は、なぜ臭いと言われるのか?〜体臭・口臭の科学〜』(光文社新書)も手がけていただいています。

高城剛さんとアメリカ総力取材された『不老超寿』(講談社)もゲノム医療などPrecisionMedicineについていち早く書いておられて、いつも時代を的確に捉えた本を必要なタイミングで出されることに感心します。

そして、学会のシンポジウムには、ベストセラー「LIFE SHIFT」を手がけられた東洋経済新報社の高橋志津子さんや「ライフデザイン白書」を発刊してきた第一生命経済研究所の宮木由貴子さんも登壇されました。

「LIFE SHIFT」

「人生100年時代のライフデザイン」

有形資産だけでなく、人のネットワークやスキル、知識、健康などの無形資産が大切な100年時代。
生まれ、学び、働き、定年し、死んでいく・・・というこれまでの人生の既成概念を一度手放して
本当の自分のアイデンティティ、存在意義を見直し、そこから新たにどんな人生をデザインしていくかが大切ですね。

オバマ大統領が提言:多様性を認める時代の医療「型はめ」は古い

その他のトピックスとしては、多様性=ダイバーシティです。
医学においても、多様性に対応した医療に注目が集まります。

  • Precision Medicineプレシジョン・メディシン(精密医療):多様性の医療

    個々人の遺伝子・代謝・常在細菌叢などの多様性に対応したオーダーメイド医療。
    オバマ大統領が、2015年1月20日の一般教書演説において、“Precision Medicine Initiative”を提言し、世界的にも注目されています。
    先日のAIオミックス医療『AI医療時代の到来』でもお話ししましたが、これからはこちらにシフトします。
    アメリカではプレシジョン・メディシンはすでに一般的な選択となってきています。
    過去の論文をワトソンというAIに学習させて、患者の遺伝情報と照らし合わせて、診断の難しい患者の原因の可能性の提示ができるようになっています。
    より、診断や治療の精度が高まっていくでしょう。

そして、人の暮らす環境は、その人によって千差万別で、外部環境的な多様性の考慮も必要です。

  • エクスポゾーム:外的環境との関係性
    生体は、あらゆる外的環境との関係性において成り立っている:エクスポゾームという概念。
    個々の生活環境や社会的環境における、光、音、空気、温度、湿度、化学物質、電磁波、宇宙放射線
    腸内や口腔内、皮膚表面の細菌叢(マイクロバイオーム)、ストレスなども外的環境要因です。
    外的環境要因は、遺伝子のオン・オフスイッチ(エピゲノム)を変化させ、細胞の振る舞いを変化させるので、超重要です。
    環境が人に作用するのは当たり前のようですが、医学は、肉体的な人体に起きた結果にしかフォーカスして来なかったので、これは画期的なのですね。

本学会は、他の学会と比べて、広い視野で人と向き合っていると感じます。
一人一人が、Syn-Aging:シン・エイジング:年齢と共に生きる100年の人生を考えていきたいですね。

***NEWS***
うちの夫を、1ヶ月で6キロ痩せさせた新著、ついに発売(笑)!
においからのヘルスケアで、痩せて健康になる!若がえる!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

新著発売
『日本人はなぜ臭いと言われるのか
 〜体臭と口臭の科学〜』(光文社新書)


『日本人はなぜ臭いと言われるのか〜体臭と口臭の科学』(光文社新書)
「におい」は健康のバロメーター
原因と対策を一挙公開!

《本書の中の「驚愕の事実」》
◆日常的に口臭がある人ほど、自分の口臭を感じなくなる。
◆一番嫌われるのは汗臭。若い女性の100%が「許せない」。
◆加齢臭やミドル臭は、食生活やライフスタイルが原因。
◆ケアしない口の中には4千億以上の細菌。濃度は便以上。
◆歯周病菌は、糖尿病、動脈硬化、認知症やがんにも関連。
◆強すぎる香水や芳香剤は、もはや「香害テロ」認定。
【内容】
調査によれば、在日外国人の7割が「日本人の口臭にがっかりした経験」があるという。

35歳以上の日本人の8割が歯周病とのデータもある。
無臭社会日本、と言われるが、本当にそうなのか。
「自分は臭わない」「外国人に比べれば体臭は少ない」との思い込みは正しいのか?
「加齢臭」「ミドル臭」「スメハラ」などの言葉が流行する昨今、
「気にしすぎ」と一刀両断してよいのか。
医師の視点でみると、口臭や体臭は、健康のバロメーター。
体の「危機」を知らせるシグナルだ。
表面的ではない、真のにおい対策は、根本的な健康増進につながるのである。
本書では、予防医学を専門とする内科医が、
そもそもにおいとは何かにはじまり、におい物質と嗅覚や脳の関係、
また口臭や体臭の種類や原因となる疾病と対策について、わかりやすく解説する。
6月13日発売(6月1日予約開始)
『日本人はなぜ臭いと言われるのか〜体臭と口臭の科学』(光文社新書)

自宅でできる!
腸内フローラキット:MykinsoPro:医療用

ピックアップ記事

  1. 口臭・体臭の対策一挙公開!においからのヘルスケア

関連記事

  1. 未来医療・最新医療トピックス

    AI医療時代の到来!AI・ロボットを医療に応用、そこに”愛”はあるか?

    5月20日、五月祭で熱気あふれる東京大学の伊藤謝恩ホールにて、人工…

  2. 未来医療・最新医療トピックス

    近視予防にバイオレットライト:現代人に不足〜抗加齢医学会トピックス

    昨日の「人生100年時代:100歳の幸せに幸せでいられるか」に引き…

  3. ごあいさつ

    ヘルスケアをソーシャルグッドに解決する

    ヘルスケアは、ヘルスシェアへtenrai株式会社ホームページを…

新著発売


PRESIDENT,東洋経済,日経ビジネスアソシエ他各メディアで話題沸騰。
日本人は、臭くないはず!?でも、意外な盲点が明らかに。35歳以上の8割に口臭リスクあり。
生活習慣で体臭も悪化する。悪臭に香害問題など、
においは、自分事を超えた社会事。
においからのヘルスケアで、心身ともに健康に。そして、社会も豊かに。

ニオイ解決WEB/ナゼクサ.com

  1. 食と栄養と健康

    絶対に正しい健康食はない!
  2. 女性と健康

    女性の若さ、エクオール産生菌が決定打⁉︎あなたは持ってる?
  3. 食と栄養と健康

    お知らせ:食育大学2期募集
  4. 常在細菌叢・マイクロバイオームの世界

    花粉症バイバイ!今日からコレ始めよう①腸活
  5. 嗅覚:fragrance medicine

    香水と悪臭のマリアージュ?:ラコゼお話会レポ
PAGE TOP