人間の解剖・世界の解剖

テクノロジーによる人の意識の拡張

テクノロジーと目に見えない人の意識。
一見、相入れなさそうな両者は、同時に進化している。
テクノロジー=科学
意識=非科学
という時代は、もはや古典と言える。
テクノロジーは確実に目に見えない人の意識を科学によって拡張させていくし、逆に、テクノロジーが進化していくこの時代に、未だに目に見えるものだけを科学、目に見えないものは非科学と位置付けていると時代に乗り遅れてしまう。

BI(Before Internet)とAI(After Internet)の時代

第1段階:ネットワークの認識

Before Internetの時代
古代の人は、研ぎ澄まされた直感、シックスセンスによって、五感で感じる以上の世界の無限の拡がりや豊かさを感じていた。
歴史的な科学者は、同時に哲学者として、世界の真理を探究していた。
近代科学や産業の発展によって、その時代の古典科学で証明できること以外は非科学とされるようになり、人は、目に見えない世界は、存在しないものとして封印してしまった。
科学者と哲学者は分離し、科学が絶対的な地位を確立し、哲学は転落した。
世界は、こうして分離した。

しかし、After Internetの時代
分離した世界は、テクノロジーによって再びつながり直している。
人の思考や記憶といった脳の機能は、スマートフォンやPCとして外部拡張し、更に全世界に張り巡らされたネットワークによって互いの外部脳を通じて、常に繋がり合い、瞬間的に情報を共有し、コミュニケーションを図ることができるようになった。
記憶は、人に内蔵された脳を超えた外部のクラウドに保管され、世界中の集合的叡智にいつでもアクセス可能となっている。
この意味で、人は、既に個人の内蔵脳を超えて、全世界とネットワークで繋がり合い、拡張していると言える。

そのことを認識するのが、第1段階だ

人工知能AIは既に、ネットワークの世界で、クラウドという集合的叡智を自らの情報ソースとして自由に使いながら個を超えた状態で存在している。
もし、人がこの第1段階の認識すら持たず、あくまでも個人の存在と知能にこだわって分離した意識状態で生きることに留まろうとするならば、AIがヒトを超えるシンギュラリティは本当に訪れるかも知れない。

人は、個としての存在に固執せず、拡張した意識と集合的叡智を自由に使いながら、ネットワークとしての全体性の中での多様性を持った局在としての新たな認識を持つ方が生きやすい。
どんな局所も分離せず、全体の情報を持つことができる。

第2段階:宇宙空間の量子的な認識

第2段階としては、インターネットの中だけではなく、この宇宙空間こそが、コンピューターと同じだという認識。
MIT(マサチューセッツ工科大学)の量子情報学のセス・ロイド博士は、この宇宙は巨大な量子コンピューターのように、宇宙全体の情報を体系的に処理する物理的システムだとしている。
情報はビットに分割され、それを系統的にシステム化している

量子レベルで見ると、全世界、全宇宙はすべて絡み合い、繋がり合い、影響し合うのがこの世界の姿だ。
あらゆる情報は、クラウドのように保管されているし、人の脳も単なるラジオの受信機のようなもので、実は情報は脳内にはなく、外側にあるクラウドから情報を受信しているだけとも考えられている。
チューニングをどこに合わせるかで、受信できる情報が変わるだけで、本来はあらゆる情報にアクセス可能だという。
この世界を構成する最小単位の素粒子は、実は、常に生成と消滅を繰り返し、あったりなかったりしている。
つまり、0と1
コンピューターの二進法のように、この世界はシンプルな数列で表すことができてしまう。
本当に、インターネットの世界と、リアルなこの世界の構造は同じだ。

世界が複雑で多様に見えるのは、人の五感という入力端子と脳というコンピューターが処理し、出力する画面を見て、それが現実世界だと思っているからだ
現実は、真実ではない

まさに、映画Matrixの世界
進化した主人公ネオには、マトリックス世界は、0と1という究極にシンプルな数列に見えていたことを覚えておられるだろうか。

第3段階:ネオ、そして愛

進化するテクノロジーと共に、それを扱う人が適正に意識を進化させていけば、誰もが、Matrixにおける覚醒したネオ=創造主として世界をクリエイトできる。
それは、OSの書き換えに他ならない。
私たちは意志によって、0から1を生み出せる。
前回お話しした無意識のプログラミングの困りもののバグも、いつでもリセット可能。
そして、新たに書き換えも可能。
本来、現実世界というmatrix空間は、どのようにでも創造可能なのだ。

そして、我々には、人工知能AIと違い、合理性を超えた「愛」がある。
それこそが、進化の源であり、普遍的な真実ではないだろうか。

さて、年末年始は寝正月に決めている皆さん。
2019年、自らのOSをバージョンアップすべく、マトリックスシリーズの再視聴はいかがでしょうか?
深読みすれば、年末年始のお休みなんてあっと言う間に過ぎていきますよ!
良いお年を!

ピックアップ記事

  1. ホンマでっか!?TVのonAirは4月17日です
  2. テクノロジーによる人の意識の拡張
  3. 口臭・体臭の対策一挙公開!においからのヘルスケア

関連記事

  1. 意識と健康

    歓びであろう、家に帰ろう。

    もやもやしながら歩いていたら、ダライ・ラマ14世に出会った。いつも…

  2. 人間の解剖・世界の解剖

    空気が読めるは美徳なのか!?嫌われたくない症候群

    「あの子って、まじKY!」「空気読まないって、ありえねぇ〜」…

  3. 人間の解剖・世界の解剖

    人生をすいすいサーフィンするには

    波乗りだよ、人生は'You can't stop the …

  4. 人間の解剖・世界の解剖

    金メダリストに共通・人生や病気克服に応用可能なメンタリティ

    冬季五輪も終わりですね。オリンピック選手たちの高いメンタリ…

  5. 意識と健康

    ダイエットしなきゃ!でますます太る

    ダイエットしなきゃ!は太る「ダイエットしなきゃ!」と思いつめれ…

  6. 人間の解剖・世界の解剖

    病気と争いの原因は一つ。

    あなたの抱える病気の悩み。あなたの抱える人間関係の悩み・争い。…

新著発売


PRESIDENT,東洋経済,日経ビジネスアソシエ他各メディアで話題沸騰。
日本人は、臭くないはず!?でも、意外な盲点が明らかに。35歳以上の8割に口臭リスクあり。
生活習慣で体臭も悪化する。悪臭に香害問題など、
においは、自分事を超えた社会事。
においからのヘルスケアで、心身ともに健康に。そして、社会も豊かに。

ニオイ解決WEB/ナゼクサ.com

  1. 生活習慣病の栄養と予防・治療

    花粉症バイバイ!今日からコレ始めよう②油活
  2. 常在細菌叢・マイクロバイオームの世界

    アトピーは腸から治す。基本の4Rとは?
  3. 食と栄養と健康

    脳の栄養失調が不眠やメンタル不調の原因に
  4. 口臭

    Panasonic【オーラルケア意識調査】リリースしました
  5. 食と栄養と健康

    なぜ食・栄養が治療のメジャーになり得るのか?
PAGE TOP