ライフスタイル5.0

霜降り牛を喜ばない女は、グラスフェッドなら喜びます

「トロける〜っ!」な霜降り牛を、全く喜ばない女です。

思い返せば、旦那さんと付き合いたての頃、デートで霜降り肉が出てきても、「へ〜」っと気の無い様子の私に、不満そうでありました。
きっと「きゃあっ!」という嬌声を求めておられたでしょうが、私は、「体が喜ぶものが美味しい」と思うタイプなので、霜降り牛では「きゃあ!」とはなれないのでした。
せっかくなのに、テンションフラットでごめんね、、、とは思いつつ。

しかし、6年が経ち。
そんな旦那さんも、もはや「霜降りはいらん!」「肉は、グラスフェッドに限る!」というほどに。
ついに、食傾向が一致して、我が家でも楽しく牛肉を一緒に食べられるようになった訳です。

今日は、旦那さんが、扁桃炎で寝込んでしまったので、一人で手抜き夕食。
Dr.IshiguroがプロデュースするHARUで購入したニュージーランド産のグラスフェッドビーフを焼きました。

ヘルシーフードの考え方

ヘルシーフードについては、色々な方法や色々な考え方がありますが、一つの方法として、「質」の良いものを食べるというのは分かりやすい。

分子栄養学でよく言われる「You are what you eat.」

あなたは、あなたの食べたものでできている。
体のすべての要素の原材料は、食べものと水。
原材料の質が落ちれば、体の質も落ちて当然。

私自身、あまり牛肉を欲することは多くないですが、これなら、イケる。

ちなみに、ベジタリアンではありません。食物連鎖的に考えると、その頂点である人間は、雑食で良いのだと思っています。

ただし、自然の循環を尊重したいので、人のエゴで不自然に育てられたものは好みません。

グラスフェッドビーフは何が良い?

豊かな自然環境でのびのびと育ち、牧草を食む。
これは、牛にとって自然なこと。
牛の腸内フローラも、牧草を栄養にするのが得意な種類です。
だから、牛の腸内環境もよく、体に炎症がなく、健康です。
運動も良くするから筋肉が引き締まり、霜降りにはなりません!
牧草を食べると脂にも、自然にω3系脂肪酸が増えて、脂の質が良くなります。
自然の牧草は、特に農薬も散布されないのが基本。
農薬は、残念ながら、腸内の有用微生物にも作用して、腸内フローラのバランスを乱してしまいます。

グレインフェッド(穀物牛)はメタボちゃん

一方で、ほとんどの牛肉は、穀物飼料を食べている穀物牛です。
脱脂大豆やコーンが主食。
でも、これは、もともと牛のご飯ではありません。
だから、腸内フローラは穀物を消化するのが得意ではないし、糖質過多になって、メタボになる。
だから、脂が増えて、霜降りになることができる。
霜降り牛は、人間で言うところのメタボちゃん。
(更に言うと、「フォアグラは、脂肪肝」って言ったら、旦那さんはそれ以降フォアグラが食べられなくなってしまいました、ごめん。)
牛の腸内環境は変化し、免疫は乱れ、さらに狭い牛舎で運動もできないと体も弱ってしまいます。
その為、感染を予防するために、抗生物質を
さらに、成長を促すために肥育ホルモンやステロイドを

体は弱り、脂の質も劣化してしまいます。

軽〜く話してこの程度ですが、もっと突っ込むと、もっと色々あるのがこの話。
このくらいにするとして、色々知っていると、あまり霜降り牛はありがたくなく、むしろ、元気一杯に自然の中で運動し、健康に育った赤身のグラスフェッドが美味しい!と思うようになってきます。

日本ではネットで購入可能

こちらは、ハワイのオアフ島のWHOLE FOODS
親戚のBradが、BBQパーティーのためにグラスフェッドビーフを選んでくれているところです。
ハワイでは、ハワイ島でグラスフェッドビーフが育てられているそうで、スーパーにも安価に並んでいます。
アメリカやヨーロッパ、ニュージーランドやオーストラリアのスーパーでは、グラスフェッドビーフや乳製品が簡単に手に入ります。
牧草地帯が広がっている地域では、牧草で育てるのが当たり前なんですね。

でも、土地が狭い日本では、牛舎の中で穀物飼料で育てられるのが基本
だから、日本のスーパーや百貨店ではなかなか手に入りません。
都内でも、ナショナル麻布スーパーマーケットでは、販売されていますが、それ以外では大きなスーパーではあまり見かけません。

だから、基本は、インターネット

お肉が苦手な方も、一度お試しを!
雑味が全くなく、すんなり体に入っていくと思いますよ。

ドクターセレクトのグラスフェッドビーフを2つご紹介。

TVでお馴染み
Dr.斎藤の機能性医学研究所のグラスフェッドビーフ

こちらは、Amazonでも購入可能です。


SaitoFarmニュージーランド産牧草牛ブロック


SaitoFarmニュージーランド産牧草牛カット

Dr.IshiguroプロデュースのショップHARU

HARU JUiCE
こちらはショップですが、大阪の方はぜひ。
我が家は、こちらで購入しております〜。

 

ピックアップ記事

  1. ホンマでっか!?TVのonAirは4月17日です
  2. 人類の意識の拡張、進化〜Neoの覚醒
  3. 口臭・体臭の対策一挙公開!においからのヘルスケア

関連記事

  1. ライフスタイル5.0

    タイミング美容特集

    7月号の『25ans』ヴァンサンカンの美容・健康特集「TH…

  2. 生活習慣病の栄養と予防・治療

    生活習慣病は、体が崩壊に向かう慢性の病気

    体は常にスクラップ&ビルド世界が常にスクラップ&amp…

  3. ライフスタイル5.0

    シードルブーム到来! 医師が勧める発酵健康酒|入門編

    皆さま、こんにちは。医師で予防医療のスペシャリスト・桐村里…

  4. 常在細菌叢・マイクロバイオームの世界

    土と内臓〜微生物が元気ならサプリはいらない

    「うんこらしょっっと。」雑草だらけの畑にて、大小不…

  5. ライフスタイル5.0

    食料品買い占め騒動をみて考えるーフードバンクが救う先進国の飢餓・貧困-【WELLMETHOD】

    非常事態宣言が発令される今ですが、むしろ食料品は余剰が問題に。…

  6. ライフスタイル5.0

    密閉された都市の息苦しさと自然への回帰

    最近、忙しくて寸分の余裕もなく生きていましたら、ストレスが蓄積して…

新著発売


PRESIDENT,東洋経済,日経ビジネスアソシエ他各メディアで話題沸騰。
日本人は、臭くないはず!?でも、意外な盲点が明らかに。35歳以上の8割に口臭リスクあり。
生活習慣で体臭も悪化する。悪臭に香害問題など、
においは、自分事を超えた社会事。
においからのヘルスケアで、心身ともに健康に。そして、社会も豊かに。

  1. 女性と健康

    ビタミンD:安全で効果的な摂り方・増やし方
  2. 未来医療・最新医療トピックス

    近視予防にバイオレットライト:現代人に不足〜抗加齢医学会トピックス
  3. 常在細菌叢・マイクロバイオームの世界

    微生物は敵じゃない「常在細菌」とつくる3つのバリア機能で体を守る方法【WELLM…
  4. 食と栄養と健康

    夏バテは夏型栄養失調。
  5. 女性の生き方

    年齢と戦う「アンチ・エイジング」から年齢と共に生きる時代へ
PAGE TOP