口臭

Panasonic【オーラルケア意識調査】リリースしました

書籍や取材、講演などで、いつも熱烈に皆様にお勧めしているPanasonicドルツシリーズの水流洗浄機「ジェットウォッシャー」

「おしりだって、洗ってほしい」の名コピーと共に、今や文化になったウォシュレットですが、ヘルスケアの観点からは、お口を洗うことこそ文化になってほしい!!!
と、熱烈に思っています。

なぜ、内科医が口を洗うことをお勧めしているのかといえば、口は身体の入り口だからです。

今、医学界では腸内フローラがホットですし、一般のみなさんも「腸活」に励んでおられると思います。
腸内フローラがもちろん、大切なのですが、その手前には、口腔内フローラがいることを忘れておられませんか?
「歯周病菌」「虫歯菌」が暴れていると、いくら腸内フローラを整えても、体の炎症は治りませんし、全身疾患が予防できません。
でも、悪い菌ばっかりだと思わないでください。
口腔内フローラの種類は約800種類ほど見つかっており、そのうち悪さをする菌はわずか10種類ほどと言われています。
しかも、口腔内が衛生的で治安が良いと大人しくしていて、悪さはしません。
不衛生で治安が悪くなると、調子に乗って暴れ始めるだけです。

フローラが暮らす場である消化管は、口から始まり肛門に終わります。
口は、歯科。
食道から下は、医科。
なぜか、消化器はギロチン状態になっています。
でも、本当に大切な消化管を一本に繋げて考える必要があると思っています。

だからこそ、内科医であっても腸内フローラだけでなく、口腔内フローラまで含む全ての消化管に暮らすフローラを一貫して大切にしたいと思っています。
(もちろん、皮膚や呼吸器、膣など諸々のフローラもね!)

という理念のもと、内科医として、口腔ケアを大切に考えています。
口腔ケアの製品も、口腔内の大切なフローラのバランスを乱さず、安全なものだけをお勧めしたいと思っています。
そうして選択していくと、ジェットウォッシャーは、最高
だって、水で洗浄するだけですもの。
これ以上に安全なものはありません。

口腔ケアの基本は、

  • ブラッシング:歯ブラシ
  • フロッシング:デンタルフロス、歯間ブラシ
  • イリゲーション:水流洗浄

です。

Panasonic【オーラルケア意識調査】

今回は、Panasonicさんの主導で20代~50才の男女計400名を対象に【オーラルケア意識調査】の監修を行いました。

TOPICS

  • 特にビジネスシーンの口臭に要注意! およそ9割の人が他人の口臭が気になったことがあると回答。その相手は「同僚」「上司」、シーンは「仕事で指示する/される時」が上位に。
  • 意識格差!?「自分の口臭が気になったことがない」率1位の50代男性、最も「口臭が気になった相手」にも選出。
  • 7割の人が、歯ブラシおよび歯磨き粉以外のオーラルケア用品を使用!歯ブラシだけでは、歯垢除去率は6割という調査結果も。
  • 口の中の悩みは「歯間にものが挟まる」が1位。
  • 歯周病菌が歯周ポケットの奥深くに入り込むと”ザリガニ臭”や”ドブ臭”の原因に?
  • 自分の口臭に気づきにくい理由は嗅覚の慣れ!口臭の予防には日頃からの歯周ポケットケアが大切

オーラルケアは、モテや自信の元にも!?

その他にも、「異性からモテると思う」については、自身のオーラルケアに自信がある人は58%、ない人は20%でおよそ2.9倍の差に。「社交的だと思う」に関しては、自身のオーラルケアに自信がある人は67%、ない人は28%でおよそ2.3倍の差となりました。

お口は、コミュニケーションに欠かせないパーツです。
口腔ケアに対する自信は、コミュニケーション力にも関連しているのかも知れません。

一方で、口腔ケアに自信があると答えた人は、20代男性の26%をマックスに、20%以下という結果に。
歯磨き以外の口腔ケアについては、特に習った覚えがありませんよね?
自信がなくても仕方がないと思います。

ザリガニ臭?ドブ臭?歯垢が放置された結果は…

歯垢の中にいる細菌の数は、1g中1〜2.5×10の11乗個=便と同じ程度の細菌数。さらに、密度は便以上です。

歯磨きだけでは、約4割の歯垢を磨き残してしまい、歯間ブラシやデンタルフロスを使っても、約2割は残ってしまうことがわかっています。

歯周ポケットと言われる歯と歯茎の間にできる深い谷。
そこに蓄積する歯縁下プラークには、酸素が嫌いな嫌気性菌と呼ばれる細菌が豊富に。それらが食べ物や剥がれた細胞、赤血球などのタンパク質を腐敗させることで、「ザリガニ臭」「ドブ臭」とも言われる悪臭の発生源になってしまいます。

詳しいリリースの内容は、→Panasonic【オーラルケア意識調査】へ。

「ザリガニ臭」「ドブ臭」についての詳細は、Fragrance Medicineの以下の記事をご参照下さいね。

ザリガニ臭?ドブ臭?病的な口臭の原因と対策

ピックアップ記事

  1. ホンマでっか!?TVのonAirは4月17日です
  2. 口臭・体臭の対策一挙公開!においからのヘルスケア
  3. テクノロジーによる人の意識の拡張

関連記事

  1. 常在細菌叢・マイクロバイオームの世界

    アトピーは腸から治す。基本の4Rとは?

    アトピー性皮膚炎を改善するために、皮膚だけにアプローチする時代は終…

  2. 女性と健康

    女性の若さ、エクオール産生菌が決定打⁉︎あなたは持ってる?

    「なんであの人、外見も中身も若々しいのかしら!?」「シワも少ないし…

  3. 口臭

    口臭対策:我が家のテッパン歯周病ケア2つ

     『夫が8キロダイエット!脱おやじ化して痩せた方法』では、主に体臭…

  4. 体臭

    講演会@東京8月のご案内:8/17・8/19

    こんにちは。8月!「におい」の気になる季節、今年は異常ですね!…

  5. ライフスタイル5.0

    シリコンバレーの最新ヘルスケア事情vol.3

    次世代シーケンサーの登場からゲノム解析が可能になり、腸内フローラを含む…

  6. 体臭

    口臭・体臭の対策一挙公開!においからのヘルスケア

    日本人は、外国人と比べて「臭くない」と思ってませんか?いえいえ、調…

新著発売


PRESIDENT,東洋経済,日経ビジネスアソシエ他各メディアで話題沸騰。
日本人は、臭くないはず!?でも、意外な盲点が明らかに。35歳以上の8割に口臭リスクあり。
生活習慣で体臭も悪化する。悪臭に香害問題など、
においは、自分事を超えた社会事。
においからのヘルスケアで、心身ともに健康に。そして、社会も豊かに。

ニオイ解決WEB/ナゼクサ.com

  1. 体臭

    『日本人はなぜ臭いと言われるのか』掲載・取材、ありがとうございます。
  2. 人間の解剖・世界の解剖

    女を’美’から解放せよ!さらば夫婦は円満に!
  3. 食と栄養と健康

    その五月病、副腎疲労かも!?
  4. かくれ貧血・貧血

    女性必見の効率的な鉄の摂り方
  5. 生活習慣病の栄養と予防・治療

    え!?寝酒でむしろ不眠が悪化する?
PAGE TOP